手入れがしやすいキッチンにリフォーム

キッチンをリフォームするときに収納のことを考えて作ることがあります。天井付近にも収納を作ります。

キッチンを収納しやすいようにリフォームする

キッチンには食器、調理器具、その他食材などをストックしておくことがあります。食器にしても調理器具にしても毎回同じものを使うわけではありません。カレーならカレー用の鍋がありますし、オムレツを作るならフライパンなどを使うことになります。作るものによって道具が異なるのです。うまく使い分けることによって様々な料理を作ることになります。食器に関しても大きなお皿を使うこともあれば小さな小皿を小分けにして使うこともあります。

そうなると気になるのが収納になります。たくさんの色々なものを区別して収納しないと欲しいものを欲しいときにとれなくなってしまいます。そのようなことがないようにしたいのです。キッチンのリフォームをすることで収納しやすいようにすることがあります。業者に聞いてみたところ、現在の状況はデッドスペースが多くなっているとのことでした。その部分に収納を設置することで有効に場所を使え、普段使うものを出しやすいところにします。

天井付近にはそれまで何も置いていなかったのですが、収納を設置することでものを置けるようになりました。あまり使わないものに関しては上の方に置き、それらは台などを使ってとるようにします。その他はできるだけ目線に近いところに置きます。