手入れがしやすいキッチンにリフォーム

お客さんが来ることが多いのでキッチンからリビングが見えないようにリフォームをすることにしました。

キッチンがリビングから見えないようにリフォーム

住宅の間取りとしてLDKの表現をすることがあります。これはKはキッチンのみ、DKだとダイニングきっちん、LDKだとリビングダイニングキッチンとなります。明確な区別は無く、キッチンと食事をするところ、更にはくつろぐところがひとつの空間になっているところになります。マンションなど効率的に部屋を配置するときには重要になるところです。家族で住む場合もここに人が集まるので、団らんのための空間として考えるのです。

家族のみで使うときはいいのですが、お客さんがよく来るような住宅もあります。これまではお客さんがリビングでくつろいでいるときにキッチンで何かをしていると丸見えの状態でした。準備をすることも後片付けをすることもできなくて困ったことがあります。そこでリビングからキッチン部分が見えないようにするリフォームを考えることにしました。リビングはソファーを置いています。普通に座っていればキッチンは見えにくいですが、立ち上がったりすると丸見えです。

方法としては、キッチンとの間にハイカウンターを設置します。そうすることで丸見えになるのは防げます。扉をつけてしまうと家族で利用するときに閉鎖的になってしまいます。ハイカウンターなら開放性を保ちながら、見えにくいのです。