手入れがしやすいキッチンにリフォーム

和式のトイレを洋式トイレにするリフォームを考えます。床からすべて取り外して行うと広さも確保しやすいです。

和式トイレを洋式トイレにするリフォーム

昔のトイレといえば和式が一般的でした。しゃがむタイプのものです。それが外国から洋式タイプとして座るタイプのものが入ってきます。くみ取り式の時にはまだまだ和式が主流でしたが、水洗トイレが普及してくると洋式も増えてきます。今新たに設置される場合はほとんどが洋式になるのかもしれません。人によっては和式の方が利用しやすいとする人もいます。でも一旦洋式を利用してしまうと和式で行うことができない人もいるようです。

長年和式トイレを使っていましたが、家族で足の具合が良くないものがいるので洋式トイレにリフォームしようと思っています。どのような工事になるかです。単純に和式の部分を取り外して洋式の便器を取り付ければいいのかといえばそうではありません。便器の大きさも異なりますし、周りの広さも異なります。和式の場合は段差が付けられていることもあります。そのことから通常行うときは床をすべて撤去して行う事があります。そうすることで洋式用のスペースが作れます。

タンクのスペースも大事になります。和式のままだとやはり狭くなってしまうのです。洋式用に新たに設置し直すことで広くできます。バリアフリーを考えるなら手すりなどもつけるので更に広くする必要があります。

おすすめ情報