手入れがしやすいキッチンにリフォーム

トイレリフォームにおいて、便器選びが必要です。掃除がしやすいタイプ、節水できるタイプがあります。

トイレリフォームでは便器選びを行う

和式トイレといえば大体どこでも同じような形をしているでしょう。でもよく見ると異なることもあります。水が溜まる部分が前に付いているものもあれば後ろに付いているものもあります。当然水の流れも逆になります。タンクの位置の関係なのか、汚物の洗浄のしやすさを考慮しているのかはわかりません。どちらにしても、一度設置をしたらすぐに別のものに変更できるわけではありません。どのタイプが良いかを考える必要があるのです。

和式トイレはそれほどタイプはありませんが、洋式トイレは種類が多くなります。リフォームをするときにはどのような便器にするかを考えます。最もポピュラーなのが先落とし式、洗い落とし式と言われるもので安価なのが特徴です。しかし水はねがしやすく、汚物が付着しやすいため掃除が大変になります。サイホン式、サイホンゼット式と呼ばれるものは水が溜まる部分が広く取られています。そのため汚物の付着がしにくいタイプになります。

最も最新なのがダイレクトバブル式と呼ばれるものでタンクレスのタイプです。通常の水道の力でも洗浄することができるタイプで、節水能力も高いです。掃除もしやすくなっています。タンクレスなので広く取ることができます。